<< 「これが噂の 花の香りにつつまれて」 | main | 「トリイホール」といえば・・・ >>

八千草薫さんといえば・・・

JUGEMテーマ:NHKドラマ



1973年〜1974年
確か毎週月曜午後8時 NHKで
「けったいな人びと」というドラマが
放映されていました。
当時小学5〜6年だった私
家族揃ってこのドラマを見てました。

大阪制作で、いかにも大阪らしいドラマ。
「当時の映像」

当時超人気もだった笑福亭仁鶴師
「中村主水」になる前の藤田まことさん
で、この2人の「姉」だったのが
八千草薫さんです。
しっかり者、みんなのまとめ役。
本当に気品あふれた女優さんでした・・・

ご冥福をお祈りします。

コメント
私の中では、
桑原和夫さんのギャグです。
あとは、皇潤ですね。
  • さだ吉
  • 2019/10/31 10:52 PM
「けったいな人々」
見てましたね。続編もあったように記憶してます。
仁鶴さんは妾の子の「房吉」。たまに本家に訪れて八千草さんを「ねえさん」とよんではった。
ご寮人さん役が引退した高森和子、初の老け役で実年齢は八千草さんと変わらんかった。
このドラマで「南森町」という大阪の土地名を知りずっと頭に残ってました。繁昌亭が出来た時に「あーここなんや」と思い出しましたね。

八千草薫さんは私としたら「俺たちの旅」の田中健のお母さん役が印象に残ってます。それから「岸辺のアルバム」で不倫する奥さん役と。
  • 酒本
  • 2019/11/01 11:57 PM
>さだ吉さん

こういう意味での「ギャグにできる女優」
最近、あまり見かけなくなりました・・・
  • くじらいだー@
  • 2019/11/02 2:31 PM
>酒本さん

そうです。「南森町」という地名
大阪在住でありながら、このドラマで知りました。
後にこんなに世話になる地とはつゆ知らず。

本当に「大阪らしい」ドラマで
花登筺流「商魂ドラマ」とは
一線を画していたように思いますね。
  • くじらいだー@
  • 2019/11/02 2:40 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
sponsored links
「笑福亭鶴二独演会」
令和2年6月7日(日)       大阪・松竹座
第114回・高槻市民寄席
新型コロナウイルス 感染予防のため 中止となりました
和色大図鑑
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM