<< 来週は「第29回・彦八まつり」 | main | 「トイレの噺」 >>

「第16回・淨照寺寄席」

JUGEMテーマ:上方落語



今日の会場「淨照寺」のある奈良県田原本町は


「桃太郎」誕生の地らしいです。
鬼退治にいったのが「岡山」なんだそうな・・・
諸説あるようですが。

「第16回・淨照寺寄席」
奈良田原本町・淨照寺(近鉄橿原線・田原本駅下車)



町のあちこちに、このようなポスターが。
地元では有名なイベントのようで
開場30分前から、100名近いお客様。
かなり大きなお寺ですが
このメンバーで「入場無料」ちょっとありえない?
しかも、入場者にはペットボトルのお茶が配られ
境内ではかき氷が振る舞われ、至れり尽くせり


かなり立派な高座。

「ようこそようこそ」
ご住職と「仏教壮年会」世話人さんによる前説
世話人さんが「令和」を「れいせい」と言い間違い
これが受けまして・・・

「化物使い」 笑福亭大智
このネタ「使用人バージョン」と「奥さんバージョン」が
ありまして、今日は「奥さん」。瑞ちゃんとは同期ですが
この人が後輩なのでトップ&高座番。

「書割盗人」 露の瑞
「今日のお客様にふさわしい・・・泥棒のネタを」
彼女の持ちネタで「泥棒」は今のところ「書割盗人」
のみで・・・今日も高座いっぱい使ってダイナミックに。

「さわやか航空625便」 桂文鹿
文鹿さんは毎年2月に「落語創作」のためインドに
渡るとのこと。特に「取材」ではなく、インドの方が
創作がはかどるらしい。そんなとき使う「格安航空」
を題材にした自作落語。

「ちりとてちん」 月亭遊方
創作ものの間に挟まった「古典」ではありますが
かなりハイテンション。なぜが「台湾名産」

「川柳は心の憂さの吹きだまり」 笑福亭仁智
16年間、この会の世話人をされています。その間
このお寺も立派になり、ご自身も「会長」に。
今日も「等身大の笑い」で会場大受け。

「抽選会」 瑞・大智
「サイン色紙」5名「彦八まつり落語会招待券と手ぬぐい」2名




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
sponsored links
和色大図鑑
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM