<< 「第9回・露の都一門会」 | main | 「第109回・上方らくごカルテット〜文昇・福車・春雨・坊枝の会」 >>

「松竹心斎橋寄席」



今年1月、移転オープンした
「DAIHATSU 心斎橋角座」
心斎橋筋より一筋東
「鰻谷スクエア」というビルの地下1階にあります。

この日は昼席2回公演(13時・14時30分開演)のうち
13時開演の方を見てきました。
七夕公演ということで
出演者は全員女性でした。

「漫才」ドキドキ☆純情ガールズ
どこかのアイドルグループから抜け出したような
2人組。
「ものまねショー」ベルサイユ
研ナオコの歌まねで客席から登場。TVのものまね番組に
たまに出てるらしい。
「漫才」 アルミカン
「神戸大出の才女」高橋と「おばはんキャラ」の赤坂。
洋服姿で「南京玉すだれ」を披露
「太神楽」 ラッキー舞(ゲスト)
見ものは包丁の上で皿回し。
「漫才」 天然もろこし
NHK「生活笑百科」の前説を前出の「アルミカン」と交互で
務めています。得意は「細かすぎるものまね」
「女道楽」 内海英華
この方も「松竹芸能」だったんですね。古風な都々逸などの
合間に「ベンチャーズ」これが一番受ける・・・
「漫談」 正司敏江
その持ち時間のほとんどを客席でのトークに費やします。
いわば究極の「客いじり」。しかし、間近で見ると
いい「おばあちゃん」になりましたな・・・

しかし・・・
やっぱり「角座」は道頓堀にないと・・・ねぇ?


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
sponsored links
第114回・高槻市民寄席
9月5日(土)午後2時開演
高槻市立生涯学習センター
2階・多目的ホール
150人限定 コロナ感染予防
対策を万全に行います。
入場無料
7月「高槻市民寄席」
8月「駅前寄席」
新型コロナウイルス 感染予防のため 中止となりました
和色大図鑑
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM