<< 竹山堺市長といえば・・ | main | シリーズ「間違って使われてる日本語」 その7「さわり」 >>

シリーズ「間違って使われてる日本語」 その6「確信犯」

JUGEMテーマ:日本語



「確信犯」の本来の意味は
道徳的、宗教的または政治的信念に基づき、
本人が悪いことでないと確信してなされる犯罪。
思想犯・政治犯・国事犯など


ですが、多く使われてるのは

悪いことだとわかっていながら行われた
犯罪や行為。また、その行為を行った人。

つまり、植木等の「わかっちゃいるけどやめられない」
のような意味で使われています。
これは本来「誤用」とされていましたが
最近の国語辞典では
これも「有り」となっているようです。

言葉は時代とともに変化します。
もともと「誤用」だった意味が「有り」になる背景には

「誤用」の意味の方が日常生活で使いやすい

というのがあるようですね。

このシリーズのトップで紹介した「破天荒」も
本来の意味よりも
「型破り」の方が使いやすいので、
「初代春團治の破天荒な芸風」となってしまうのでしょう。

言葉は時代とともに変化する
しかし
本来の意味は抑えておきたい






コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
sponsored links
和色大図鑑
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM