<< シリーズ「間違って使われてる日本語」  その2「議論が煮詰まる」 | main | シリーズ「間違って使われてる日本語」 その3 「やばい」(2016年8月16日の記事の再録) >>

ケーシー高峰氏といえば・・・





漫談という芸
落語より一段低い芸のように思われがちですが

実は落語より漫談の方が難しいのです。
漫談には決まった形がないので
自分で何某かの形を作り上げます。

ケーシー氏の場合は
「医療用白衣に黒板」で
「バレ噺」的なネタ。

私の記憶が確かならば、こんなネタがありました。

「エイズ予防の一番の対策は、コンドームを使用することと
 言われてますが、これは間違いです。
 一番の対策、それは『やらない』ことです・・・」

ケーシー氏は、「ネタ」として仰ってたと思いますが
私には「目から鱗」でした。

そうです。やらなきゃいいんですよね・・・

ご冥福をお祈りします。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
sponsored links
第114回・高槻市民寄席
9月5日(土)午後2時開演
高槻市立生涯学習センター
2階・多目的ホール
150人限定 コロナ感染予防
対策を万全に行います。
入場無料
7月「高槻市民寄席」
8月「駅前寄席」
新型コロナウイルス 感染予防のため 中止となりました
和色大図鑑
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM