<< 桂歌丸師といえば・・・ | main | 災害倒壊ブロック塀に正常化の偏見 高槻市長「過信あった」 >>

「第8回・露の都一門会」

JUGEMテーマ:上方落語



「第8回・露の都一門会」





折からの台風7号の影響が
心配されましたが
この「一門会」の間は雨一切降らず。
日頃の精進のたまもの!

7月4日(水)午後6時30分開演
天満天神繁昌亭

「つる」 露の陽照
一門会はもう4度目。気合い充分。
抜群の存在感。

「松山鏡」 露の棗
「田舎者セリフ」がはまってます。
一門きっての「癒し系」

「平の陰」 露の瑞
毎年一門会で新しい着物をおろすとのこと
渋い目の着物も似合いますね。
キャラ的には「真逆」なのに、なんとなく
「鶴志師」が見えてくる。やはり伝承芸なのです。

「鰻の幇間」 露の紫
持ちネタの「幅の広さ」には感心します。
究極の「イエスマン」を見事に演じ
貫禄の「中トリ」

「中入り」
補助椅子もでる盛況です。

「大喜利」
司会・紫 
並び順下手から 眞・棗・瑞・陽照
1問目・「○○と××が結婚しました」
2問目・「写真をみて一言」
3問目・恒例数え歌
「ダイエットに挑戦。1から10まで」
 結局この一門に「ダイエット」は無理という結論。


「次の御用日」 露の眞
この「あ゛っ」という声、出し方が難しいようです。
やっぱり「マコリン」一門の顔。

「千両みかん」 露の都
食べ物に「旬」があったころの噺。
なんと「ネタおろし」。弟子には「稽古が命」
と説いてますが・・・

今年も大いに盛りあがりました!




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
sponsored links
和色大図鑑
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM