<< 謹賀新年 | main | 2018年、どんな1年にしたい?〜今年も行ってきましたお伊勢さん >>

「第11回・トリイ初夢席・1月2日の回」



千日前「トリイホール」の年始企画
開演は1時ですが
界隈ではこんな催し


トリイホールのある「上方ビル」の真ん前で
太鼓や獅子舞の奉納が



獅子舞が見事だったんですが
取り損ねました。

このあと、鏡開きに振舞酒
このイベントの司会が



瑞ちゃんでした!年始早々いいですな。
なぜか、羽がはえてます!?

「第11回・トリイ初夢席・1月2日の回」
開場12時30分

「前説」 鳥居学(僧籍を取得し鳥居 弘昌とも名乗る)
ローマ法王との接見の巻

「講談・真田幸村」 旭堂南斗
このあと「高座番」が待ってます。多ジャンルに
わたる高座の準備は大変です。

「落語・金明竹」 露の瑞
催しの司会も無事に済ませて、今年最初の一席が
この「金明竹」。流石の滑舌のよさ。
今年も「北野田から来たのだ!」

「太神楽」 豊来家玉之助
朝ドラ「わろてんか」で松坂桃李に指導した
鞠の傘廻し。

「津軽三味線」 内田實・池上凉子
トリイホール向かいの民謡居酒屋でライブを

「アコーディオン演奏」 山口ももえ
この「山口ももえ」というのは「本名」だそうな。
プログラムには「歌」となってましたが
もっぱら「無言」です。

「浪曲・高田馬場」 春野恵子 曲師・一風亭初月
どうやらこの方お目当ての方が多いようで
やっぱりこの人には「華」があります。

「中入り」
客席で「山口ももえ」さんの演奏あり

「大衆ソウルシンガー」 インディ
着物に白塗り「大衆演劇」の乗り。この方にも
固定ファンが多いようで。

「漫才」 シンデレラエキスプレス
「角座」との掛け持ちだそうな。「生活笑百科」長期
休演中の仁鶴師匠の物まねたっぷり。

「マジック」 ジョン道阪
至近距離で見てたので、たまにタネが見えてしまう。
でも、決めるべき所はバッチリ。鳩入りカゴはどこへ?

「歌」 KENGOxMINAKO
こちらは「夫婦漫才」風トークを交えて

「中入り」

「落語・元猫」 月亭天使
古典落語「元犬」を、猫好き天使さんが猫に
変えて演じてます。

「漫才」 ブランケット
そこそこしっかりした若手漫才

「落語・持参金」 笑福亭由瓶
女衆・おなべの描写に、この人の意外なやさしさが

「講談・越ノ海勇蔵」 旭堂南海
伝説の小兵力士の物語。落語・講談ともに
相撲ネタがやりにくくなりまして・・・

独特の世界をもった芸人さんの至芸がたっぷり
充分堪能しました・・・




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
sponsored links
「笑福亭鶴二独演会」
令和2年6月7日(日)       大阪・松竹座
和色大図鑑
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM