<< 好きな「炭酸飲料」なに? | main | 「文太噺の世界in高津の富亭」5月席 >>

「道頓堀角座GW特別興行・昼寄席」

ゴールデンウィーク、ご予定は?





「松竹芸能」60周年!
そうです。「上方落語協会」と同い年です。

「道頓堀角座GW特別興行・昼寄席」
4日目 第2公演

「漫才」 パンドラ
ここで見るのは2度目。前より
ハイテンション。

「漫才」 オジンオズボーン
舞台一杯走り回って・・・

「ジャグリング」 みょーちゃん
「ジャグラー」ですが、とんねるずの番組に
「ものまね」で出たことがあるらしい。

「漫談」 宮崎げんき
相変わらず、男の井戸端会議

「バイオリン漫談」 サンデー西村
前に「繁昌亭」で見たことがあります。
バイオリンの腕は一級品。

「漫才」 ミヤ蝶美・蝶子
17年のブランクの末舞台復帰。この方々を
「懐かしい」と言ったら歳がばれます・・・

「腹話術」 笑福亭学光
人形は弟子の「笑福亭小学光」腹話術の
腕はともかく、大いに楽しめました。

「父娘漫才」 三吾・美ユル
コンビ結成21年目。「3歳で始めた」と
言い張る美ユルさんの「まくし立て」炸裂!

「客席フリートーク」 正司敏江
70代のいいおばあちゃんなのに、長〜い
振り袖に違和感ないのはなぜ?

「漫才」 海原はるか・かなた
はるか師の髪がピンチ。あの「定番ギャグ」が
成立しなくなるのも時間の問題!?

「漫才」 酒井くにお・とおる
「とおるちゃん」の虚弱体質よりも「小芋」の
「くにおちゃん」の太りすぎが気になる・・・

「漫才」 横山たかし・ひろし
「金ピカ車いす」のたかし師がかなりやつれてます。
大金持ちのおぼっちゃまも病気には勝てない?

「エンディング」
この寄席のサブタイトルが「ハゲるは恥だが役に立つ」
松竹芸能の「ハゲ若手芸人」プラス海原はるか、
正司敏江による「恋ダンス」

松竹芸能はまだまだ「漫才師」が頑張ってますね。
落語家以外の芸人さんの活動の場とて
この小屋は貴重ですな。

しかし
前にも書きましたが
「道頓堀」はすっかり「爆買い外国人の街」に
なってしまいましたな。ドラッグストアばっかりで
この街特有の「文化の香り」が薄れてしまってます。
そう言う意味でも「角座」の存在は貴重です。
みんなでもっと訪れましょう!


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
sponsored links
「笑福亭鶴二独演会」
令和2年6月7日(日)       大阪・松竹座
和色大図鑑
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM