<< 上方落語協会情報誌「んなあほな」第39号 | main | あなたがおすすめする名盤は? >>

「繁昌亭昼席・上方落語協会創立60周年記念月間」

JUGEMテーマ:上方落語






というわけで
今月は「上方落語協会員総出演」ということで
毎日日替わりメンバーです。

この日お会いした
京都楽笑会・浦乃家蛾蝶さんによると
いつもの「昼席」よりも盛り上がってる
とのことでした。

オープニングは
「協会60年のあゆみ」の映像

「鉄砲勇助」 月亭秀都
「イノシシ退治」のくだりまで

「転失気」 桂弥太郎
米朝の弟子の吉朝の弟子の吉弥の弟子

「青い瞳をした会長さん」 桂三歩
バナナババロア3つで3バナナババロア
バナナババロア4つで4バナナババロア
合わせてバナナババロア
7バナナババロア

講談「太閤と易者」 小二三改メ
          四代目旭堂小南陵

上方落語協会発足当時は先代南陵師も
協会員でした。


「牛ほめ」 笑福亭喬介
出囃子は「幸せなら手をたたこう」

「鬼の面」 月亭文都
「八天」時代からの十八番ネタ

中入り
補助椅子が出るほどの盛況です。

「六十周年記念口上」
司会・三歩 三喬・文都・文也
司会が若干グダグダでしたが・・・

「写真の仇討ち」 桂文也
実は、私この噺を聴くの初めてでした。

「金明竹」 桂阿か枝
現在「五代目文枝」に最も近いのではないか?

「へっつい幽霊」 笑福亭三喬
今年の夏に「七代目松喬」を襲名。
今日もノリノリです。

なるほど、蛾蝶さんのおっしゃるとおり
大いに盛り上がってました。




コメント
昼間は失礼しました。
盛り上がってましたやろ。
私がひと月に3回も来た理由がわかるでしょ?

>文也さんの「写真の仇討」
最近やり始めたようですね。どこから仕入れたんやろか?上方では橘ノ圓都師匠が伝えてたのを、お弟子の円三さんや先代文我師がやってました。最近では林家染左さんで聞きました。

ちなみに文也さんは近江落語会代表の荒川さんと落研時代からの馴染みやそうです。京産大の荒川、大阪学院大の久留米と言えば当時の落研界で知らん者が居なかったそうですね。
  • 酒本
  • 2017/04/30 12:13 AM
>酒本さん

例によりまして
いろんな情報をありがとうございます。

文也さんについては
こちらもご覧ください

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Kaede/2307/Kujira.htm#hitori37
  • くじらいだー@
  • 2017/04/30 9:37 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
第3回「美女と野獣の会」
みずほ倶楽部「k6241058@gmail.com」
和色大図鑑
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
recommend
吉田えり 17歳 職業・プロ野球選手 [DVD]
吉田えり 17歳 職業・プロ野球選手 [DVD] (JUGEMレビュー »)

えりちゃん、それぞれにカワユス!でも、一番似合うのはやっぱりユニフォーム姿なのです・・・
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM