「紫のつる・シーズン6〜西へ飛ぶ」

JUGEMテーマ:落語



江戸の「林家つるこ」さんと
上方の「露の紫」さんとが
東西で定期的に開いてる落語勉強会です。

「紫のつる・シーズン6〜西へ飛ぶ」
7月22日(日)午後2時開演
動楽亭

「オープニングトーク」
ご覧のような独特の
かぶり物でのトーク
互いの「近況報告」
紫さんの「弟弟子」は最近辞めました
つる子さんの「弟弟子」は
師匠(九代林家正蔵)の実子
(このコーナーのみ撮影可)


「スライダー課長」 林家つる子
阪大落研出身「銀杏亭魚折」氏作の創作落語
野球音痴の上司に野球のイロハを教えると
いう設定です。聞かせどころはあの
「キャッチボールの音」

「皿屋敷」 露の紫
幽霊の条件「女性であること」「痩せていること」
「色白であること」「絶世の美女であること」

「中入り」
高座番は桂恩狸さん。このあと大活躍!?

「遊山船」 露の紫
まさに「上方落語・夏の代表ネタ」ですが
今後「夕涼み」なんてのも「死語」に
なりそうですな。でも、この噺の世界は
大切にしたいですね。

「たがや」 林家つる子
・・・と言いたいところですが、舞台上に
ゴキブリが。高座は一旦中断。このゴキブリ退治に
恩狸さん、大活躍の巻

気を取り直して
「たがや」 林家つる子
江戸の代表的な花火師は「たまや」と「かぎや」
で、「たがや」の「たが」とは桶を円状に留める
ための細い竹でできた留め輪。結構予備知識は
要りますが、噺の内容はまさに爆笑編です。

おまけ
つる子さんCDデビュー↓

評価:
---
さくまミュージックオフィス
¥ 1,200
()
コメント:B面は「ぐんまラプソディ・・・恋のからっ風」歌・林家つる子


祝・初優勝

JUGEMテーマ:大相撲



本来の主役不在の今場所

新しいヒーロー誕生です。



御嶽海関 初優勝おめでとうございます。


常田富士男さんといえば・・・

JUGEMテーマ:昔話



やはり「まんが日本昔ばなし」ですな。


これは、それをモチーフにしたCM映像ですが
この独特の味わい深い語り口
まさに「ミスター昔ばなし」と言っていいでしょう。

あと、思い出すのは
伝説のコント番組「巨泉前武ゲバゲバ90分」
おとぼけキャラでコントを演じていました。
今でも覚えてるネタ

「大は小を兼ねる」というタイトル
富士男さん、耳掃除をしようとしてますが
手に持ってるのは「おたま」
いくら頑張っても耳掃除はできません。
一言「ことわざの嘘つき!」

ご冥福をお祈りします。


「第十回・やじきた亭〜遠くへ行きたい」

JUGEMテーマ:上方落語



「上方落語協会遠足部」の落語会。


交通費を除く「ギャラ相当分」を
「活動費」として積み立てているそうです。

「第十回・やじきた亭〜遠くへ行きたい」

7月19日(木) 午後6時30分開演
動楽亭

「平林」 林家染八
マクラの「噺家版・秘伝書」が秀逸。
「平林」は約7分。申し訳ないが「平林」は
最近は瑞ちゃんのしか聞いてないので・・・

「播州めぐり」 桂弥太郎
文之助師が雀松時代によくされてましたね。
ダジャレが延々と続く意外に難しい噺だそうな。

「皿屋敷」 桂慶治朗
出だしはオーソドックス。サゲは、従前の「二日分
読んどいて・・・」にさらに上乗せしたものです。

「中入り」
動楽亭ほぼ満杯です。

遠足トーク「奈良公園・噺家、鹿に噺か編」
今回のミッションは
「桂弥太郎が、奈良公園で、鹿に落語『鹿政談』を聞かせる」
今までで最も「上方落語協会遠足部」らしいお題です。
その映像が紹介されました。弥太郎さん、悪戦苦闘です。
この日のために覚えた「鹿政談」考えたらこれ
鹿が殺される噺ですな・・・

次回ミッションは「林家染八が、動物園で描いた絵を
他のメンバーが描いた絵と同時にお客様に提示し
どれが染八作かあててもらう」少しわかりにくいですが
つまり、染八画伯の絵心が試される・・・

「大安売り」 桂米紫
噺家は、どんなに頑張っても、頑張ってるように見えない
損な稼業です・・・

「片棒」 露の瑞
やじきた亭では二度目のトリです。先日都師匠に絶賛
された「片棒」です。諸先輩方に引けを取らない
立派なトリでした!


次回はいよいよ「繁昌亭」で開催とのことです。
日程は未定ですが
なんとか「大入り」にしたいものですな。

今日の一枚。




ミニ活動報告「第105回・高槻市民寄席」

JUGEMテーマ:落語



「噺の会じゅげむ」の定例会
メンバーの集合時間は午前10時30分
「高槻市民寄席」の場合、生涯学習センター1階
ロビーでくつろぎながらメンバーと待ち合わせ
のはずが
今回、そのロビーが「大阪北部地震」における
罹災証明書発行手続きの待ち合わせ場所と
なっておりました。
そうです。高槻は「被災地」なのです。

今日は予定通り寄席は出来るのか
少々不安になりましたが

「第105回・高槻市民寄席」予定通りです。
今回は149名のお客様が詰めかけました。

今回は「じゅげむ社中」によるお囃子
ただし、太鼓のみですが
その太鼓が大活躍です。

「前説」 寿亭司之助
実は司之助代表も「被災者」です。ただし通勤電車に
「缶詰」になった、ということですが・・・
今日は「猛暑」にもお気をつけください。

「兵庫船」 潮吹亭くじら
前座ながら「生の太鼓」+「テープのハメ」が入る
豪華版です。肝心のセリフがややふらつき気味で
申し訳なかったです。この噺、いづれ「鱶の魅入れ」
までやってみたいです。

「二人癖」 洋酒家巧駆
今回も忙しい仕事の合間を縫っての高座です。
最近は語り口に「貫禄」が加わってきたように
思います。

「大師の杵」 三流亭志まね
大きなリュックを背負ってきた「落語の出来る山男」
この噺の舞台「六郷の渡し」・・・くわしくは当会HP
「三流亭志まねの東海道Walk」をご覧下さい。

「宇治の柴舟」 六弦亭ざくろ
この噺には「太鼓」のハメがふんだんに入ります。
太鼓担当・志熨家かりんさんとの綿密な打ち合わせの
甲斐あって、見事な中トリ。この噺を演るにあたって
「宇治」まで足を運んできたそうです・・・

「中入り」
お茶子は基本的に寿亭さや豆嬢がひとりでこなすのですが
時に「もぐもぐタイム」の最中・・・このときはお母様の
かりんさんが。今回は「太鼓」と「お茶子」の二刀流です。

「看板の一」 歩鱈小酔
他人のマネをしてどツボにはまる。落語によくあるパターン。
小酔さんの落語の世界は「愛嬌」たっぷりです。

「火焔太鼓」 びい亭るうず
この噺の冒頭。るうずさんは必ず江戸時代の
貨幣の標準的換算レートを説明してくださいます。
 一両=12万円  一分=3万円
一朱=7,500円  一文=30円
毎回メモするんですが、毎回忘れます
それじゃだめジャン。何事にも本格的に取り組む
るうずさんらしい、トリネタです。

「おじか〜ん」打ち出し太鼓も生です。

打ち上げは「餃子の王将」
落語談義のほか、るうずさんの「サッカーW杯談義」
なんと全試合リアルタイムで観戦したとのこと。
やはり、何事にも本格的!

次回定例会
「第179回・駅前寄席」
8月19日(日)午後2時開演
高槻西武百貨店6階多目的ホール
入場無料 

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
sponsored links
「第10回・やじきた亭」
平成30年7月19日(木)・・・ 午後6時30分開演
和色大図鑑
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
recommend
吉田えり 17歳 職業・プロ野球選手 [DVD]
吉田えり 17歳 職業・プロ野球選手 [DVD] (JUGEMレビュー »)

えりちゃん、それぞれにカワユス!でも、一番似合うのはやっぱりユニフォーム姿なのです・・・
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM